SEに向いてないと感じて転職を検討している人へ

2018年4月16日

se-muitenai

SEに向いていないと心のどこかで思ったまま働き続けることは辛いと思います。管理人もSEに向いていないと感じることは何回もありました。

そこで、このページでは、

▶ SEに向いていないと考えている人

に向けて

現在の状況を分析して、状況ごとの対応案

について説明をしていきます。

SEに向いてないと感じて転職を検討している人へ(結論)

SEに向いていないと感じたときは、現在の状況について確認してみて、転職を含む取りうる手段を講じてほしいです。

また、評判の良い転職エージェントをまとめしたので参考にしてみてください。

IT業界専門(Web系・SIer)の転職エージェントは 

▶レバテックキャリア
▶マイナビエージェント×IT   ★オススメ
▶ギークリー 

案件数が多く異業種転職もできる大手転職エージェントは、

▶マイナビエージェント(転職全般) 
▶リクルートエージェント   ★オススメ 
▶DODAエージェントサービス  

の順にオススメです。

まずはIT専門のエージェント1社と面談をして自身の市場価値を知ることが大事です。
詳細は、以下のページを参考にしてみてください。

管理人厳選!転職エージェントおすすめ比較ランキング!

以下の流れで、説明をしていきます。

 仕事で大きなミスをした(上司から怒られた)

▶ プログラミングを理解できない

▶ 業務知識を理解できない

▶ Web系の仕事に興味があった

▶ 他にやりたいことが見つかった

 


仕事で大きなミスをした(上司から怒られた)

客先から怒られる

状況と対策について別ページの記事より引用します。

▶引用

 

サーバーの設定ミスをしたり、プログラミングでバグを出して、客先や上司から怒られて、大きくへこんでいるかもしれない。社会人1,2年目であれば、よくあるケースだと思う。大きなミスはするものなので、問題は、「原因の把握」と「再発防止」に努めることだ。

管理人の1年目の失敗で紹介したことがある。

[失敗した内容]
ローカルの検証サーバーのテーブルレコードにSQL文でデリートしたつもりが、共有の検証サーバーのDBのテーブルレコードへDELETEして、業務が止まって、先輩と必死に顧客へ謝ったことがある。

先輩からフォローの言葉は、「1年目なんて、そんなもんだよ、ただ同じ失敗はすんなよ。具体的なアドバイスすると、今度から注意するという抽象的な対策ではなく、サーバーの背景をサーバー毎に別の色の背景にして、SQL文を実行するときは、サーバーを指差し確認すること」だった。

もう辞めようかと思ったことが何度もあるが、同じ失敗を繰り返さないことを常に意識して日々くらいついていった

 

 

SEに求められるプログラミングが理解できない

理解できない

SEのシステム開発では、製造や単体テストでプログラミングの知識が必要になります。プログラミングが難しいと考えている人にとっては、SEに合わない可能性がありますね。ここで取りうる解決策は、次のとおりです。

 

プログラミングの力を伸ばしてIT業界に留まる。

IT業界

SEとしての経験が浅い場合は、開発力を身につけて自力で現在の壁を突破して、IT業界ではたらいていくこともよいと思います。次の記事は、能力をあげるための1例として紹介をします。

 

プログラミングをしない部署に転部する。

転部

もう、開発をする気になれない場合は、経理部や総務部などの間接部門への異動を希望してみると良いです。元SEという方で、経理部や総務部で働くという人も中にはいました。

 

異業種の業界に転職をする。

異業種へ転職

転部ができない場合は、異業種への転職を考えると良いです。以下の記事に、異業種の転職に強いエージェントをまとめていますので、参考にしてみてください。

異業種の転職に強いエージェントを探す

 

SEに求められる業務知識が理解できない

業務知識が理解できない

SEのシステム開発は、金融、交通、物流、デバイス、家電(IoT)など様々な分野に及びます。その中で、業務知識を理解したりすることが難しいと考えている人もいると思います。ここで取りうる解決策は、次のとおりです。

 

別分野のIT業務をするために、転部か転職をする。

面談

SIerであれば、別分野の部署へ転部できる機会もあるので、上司に異動を申し入れると良いと思いますね。また、その要望が受け付けてもらえない場合は、転職をすると良いです。まずはできる範囲で動いてみることをオススメします。

 

Web系の仕事に興味があった

想像していたIT業界と違うと感じた人は、きっと次のような理想と現実があると思います。

理想の仕事

休憩タイム

お洒落なオフィスで、服装は自由。コーヒーを飲みながらMac Book で開発をするといったIT業界のベンチャーで働くような自由なイメージがあったと思います。

 

現実の仕事

 

上流工程の仕事だけ

古いオフィスで、服装はスーツにネクタイ。コーヒーを飲みながらWindowsで開発をしています。。PCの操作ログは取られ、常に監視されていて自由がない状態です。この理想と現実で苦しんでいるSEは、次のような方法でWeb系に転職するとよいです。

 

Web系へ転職する

技術力がある場合

技術力がある

まずは、知り合いで優秀なエンジニアがたくさんいれば、その人たち経由で仕事を紹介してもらうのが良いです。そうでない場合は、Web系に特化した転職エージェントを使いましょう。

 

技術力がない場合

技術力がない

まずは、自身の技術力を上げること。職場が自由な分求められる技術力も高くなります。一度、Web系に特化した転職エージェントと話して、どういうスキルの需要があるのか確認してみると良いです。そのアドバイスをもとに今後技術力をあげていきましょう。

技術力を上げるためには、以下の記事を参考にしてみてください。

 

SEよりも他にやりたいことが見つかった

他のやりたいこと

他にやりたいことが見つかったのでしたら、興味のある分野へ転職することを検討しても良いです。SEで培ったPC操作や、開発の経験は、異業種でもきっと役に立つと思います。

以下の記事から、異業種へ転職できるエージェントを確認できますので参考にしてみてください。

異業種に強い転職エージェントを探す

 

まとめ

SEに向いていないと思ったら、どのシチュエーションに当てはまるか確認し、状況にあった対応をしてみてください。

【SEに向いていないというシチュエーション】

▶ 仕事で大きなミスをした(上司から怒られた)

▶ プログラミングを理解できない

▶ 業務知識を理解できない

▶ Web系の仕事に興味があった

▶ 他にやりたいことが見つかった

最後に、社会人になってからは、年が経つのは早いため、後悔しないよう、これから進むべきキャリアについて考えてみてください。また、すぐの転職を検討しているのでしたら、エージェントの効率的な使い方を記載したので参考にしてみてください。

 

今の職場から転職するためのエージェントの効率的な使い方

早速ですが、評判の良い転職エージェントをまとめしたので参考にしてみてください。

IT業界専門(Web系・SIer)の転職エージェントは 

▶レバテックキャリア
▶マイナビエージェント×IT   ★オススメ
▶ギークリー 

案件数が多く異業種転職もできる大手転職エージェントは、

▶マイナビエージェント(転職全般) 
▶リクルートエージェント     ★オススメ 
▶DODAエージェントサービス  

の順にオススメです。

初めはIT専門のエージェント1社と面談をして自身の市場価値と転職の流れを知ることが大事です。その後は、案件の多いエージェントで優良案件を探すことをオススメします。
また、エージェント毎の特徴を、以下のページにまとめていますので参考にしてみてください。

管理人厳選!転職エージェントおすすめ比較ランキング!

Pocket