食品業界(中食)の社内SEに転職する方法

2018年4月12日

syanai-se-shokuhin

この記事では、

▶ 食品業界の社内SEに転職したいという人に向けて、
▶ 食品業界の社内SEに求められる役割とスキル

について、隠れた超優良企業、東証一部上場のわらべや日洋株式会社の求人情報をもとに説明をしていきたい。

食品業界の社内SEについて(結論)

業務内容は、VB、SQLServerを用いた生産管理システムの開発・運用を担当する。また、外部の協力会社へ外注し開発を進めるため、プログラミングや単体テストの下流工程は担当しないようだ。

また、生産管理システムを運用するため、中小企業診断士や、アプリケーションエンジニアなどのオペレーション改善に役立つ知識があると良い。それでは、詳細について説明していきたい。

 

社内SEの転職先としてのわらべや日洋について

わらべや日洋の社内SE

*わらべや日洋HPより

この、わらべや日洋は隠れた優良企業だと考えている。わらべや日洋の主要取引先はコンビニ業界のトップ、セブンイレブンだ。わらべや日洋は、弁当、おにぎり、調理パン、惣菜などの調理済み食品を製造するメーカーだ。

また、1978年6月からセブンイレブンと取引を開始して、セブンイレブンとともに成長してきており、現在は、従業員数1650名、売上高2091億円の優良企業です。従業員1人あたりの売上高が1億円を超えている企業はそう多くはないだろう。

更に、セブンイレブンは数年すると、ほとんどの店舗のレイアウトを、惣菜中心とした小さいスーパーのように変えることになる。そういった点からも、わらべや日洋は、ここ数年で更に成長していく余地がある。

 

わらべや日洋(食品業界)の特徴

warabeya-important

この安定している食品業界の中で、圧倒的なセブンイレブンが主要取引先なのだ。 更に、その販売しているものが、弁当やおにぎりやパンという、主力商品なわけだ。

今、日本の社会そのものがコンビニ化している中で、中食産業*が今後伸びていくと言われている。IT系のベンチャー企業よりも、数十年会社が続くことは想像できるだろう。
 

*中食産業
レストランなどに出かけて行って食事をする〈外食〉と,家庭内で調理をして食事をする〈内食〉の中間的な食事形態で,外部で調理されたものを家庭に持ち込んで食事をすることを〈中食〉と呼ぶようになった。

今の日本の社会情勢は、自炊をするのが面倒な人が増えて、弁当を買う人が増えてきている。 そのため、この中食産業とは、今後確実に伸びていく産業といえ、今後ドンドン伸びていく可能性がとても高い。おそらく、余裕がある企業は社内の雰囲気がよいので、フォーチュンクッキーの動画も出せたのだと考える。

 

社内SEの仕事内容(転職後)

Screenshot 2017-02-27 22.11.19*引用:DODA求人サイトより

 

業務内容で特徴的な点は以下の3点だ。

  1. Windows Serverを使用

    業務内容に”VB, SQL Severを用いて”という文章があるため、 Windows Serverを中心にサーバーを構成しているはず。Windows Serverの構築 、SQL Serverの構築、 Windows Serverの保守経験があれば、求めるスキルと合致する。運用保守という点では、Windows Updateのパッチの適用(WSUSサーバーの構築)についての運用経験があると好まれるはずだ。

  2. 外部のソリューションベンダーとの協業

    これは、工場の生産システムを外部のメーカー、ないし協力会社と共に構築していくことだ。つまり、わらべや日洋の社内SEが旗振り役でシステムを構築していくことができる。

    まさに、上流工程の仕事といえ、求められる知識も食品業界の業務知識も当然求められるが、やりがいはあると思う。

  3. 時流に合っている

    求人の中に、“近年、単身世帯や高齢者世帯の増加、女性の就業率の上昇等、社会・生活環境の変化を背景に増加傾向にある”と書いてある。それだけ必要とされるサービスを提供しているということになるからだ。

社内SEの転職に必要なスキル

Screenshot 2017-02-27 22.26.01*引用:DODA求人サイトより

次に、社内SEの転職に必要なスキルを確認する。特徴は以下の2つだ。

  1. 必須条件の敷居が低い

    業務アプリの経験が3年以上ということなので、 応募段階では敷居が高くはない。 つまり、3年間、客先常駐SEとして働いてきた人にとっては、応募のチャンスがあるわけだ。

    更に、流通システムや製造システムの作業工程の改善をしてきたという人にとって、似た業務内容となるので、非常にチャンスと言える。

  2. 学歴の敷居が低い

    上流工程のSEに応募する場合、大学卒業以上という学歴が必要なところもあるが、 わらべや日洋は、高卒以上で応募ができる。 これは、高卒以上の人も多く活躍しているという背景があるのかもしれない。

まとめ

わらべや日洋は、非常に財務が好調で、今後も伸びていく中食業界に位置している。業務はVB・Window Serverを用いたシステムの開発・保守で、求められる経験は業務経験3年以上で高卒以上と広く門戸が開かれている。こういった優良な求人が食品業界にあると考えてよい。

食品業界の社内SEへの転職に興味があれば、転職エージェントの効率的な使い方を記載したので参考にしてみてほしい。

 

社内SEに転職するためのエージェントの効率的な使い方

社内SEの転職活動は、帰宅後や休日がメインとなるので費やせる時間は限られていますので、短期集中で効率的に行いたいです。

早速ですが、評判の良い転職エージェントをまとめしたので参考にしてみてください。

IT業界専門(Web系・SIer)の転職エージェントは 

▶レバテックキャリア
▶マイナビエージェント×IT   ★オススメ
▶ギークリー 

案件数が多く異業種転職もできる大手転職エージェントは、

▶マイナビエージェント(転職全般) 
▶リクルートエージェント     ★オススメ 
▶DODAエージェントサービス  

の順にオススメです。

初めはIT専門のエージェント1社と面談をして自身の市場価値と転職の流れを知ることが大事です。その後は、案件の多いエージェントで優良案件を探すことをオススメします。
また、エージェント毎の特徴を、以下のページにまとめていますので参考にしてみてください。

管理人厳選!転職エージェントおすすめ比較ランキング!

異業種の社内SEについて

その他の社内SEの求人情報は以下にまとめているため、参考にしてほしい。

 

 

Pocket




社内SE

Posted by yaemon