教育業界の社内SEに転職する方法

2018年4月12日

syanaise-education

この記事では、

▶ 教育業界の社内SEに転職したいという人に向けて、
▶ 教育業界の社内SEに求められる役割とスキル

について、某有名塾の求人情報をもとに分析していく。

教育業界の社内SEについて(結論)

結論から説明すると、塾業界の関塾が求める社内SEの条件は、Windows、Linuxのサーバー構築経験、複数言語での開発経験など、幅広いシステムスキルのある社内SEを求人している。

求められる役割としては、PCのセットアップなどのヘルプデスク担当から、社内のシステム開発まで幅広く担当することになる。このような少人数の職場では、より積極的に動く姿勢がないと難しい面もあるだろう。それでは、仕事内容と求められるスキルについて具体的に確認していきたい。

 

社内SEの仕事内容(転職後)

project

DODA求人サイトに展開されていた仕事内容を確認すると、求められているエンジニアの種類は、プログラマー、インフラエンジニアとなる。業務の中で特徴的な点を3つあげる。

 

新規事業のシステムの立ち上げや構築

計画立案・要件定義から保守・運用まで幅広い業務のシステム開発が任される。少人数であるので、システムは要件定義からテスト、運用まで一気通貫したシステム開発かもしれない。また、例えば、新規で塾専門のiPhoneアプリだったり、Androidアプリの開発も想定できる。

 

既存システムの保守・メンテナンス

塾業界でも既存システムの保守・メンテナンスが必要になってくる。例えば、今までの塾生の点数の記録の保管、また、生徒の点数集計システムを運営していくにあたり、生徒の入塾・退塾時のマスタ管理が必要になるだろう。

更に、塾生の卒業と入塾が重なる、3月〜4月にかけて、繁忙期であると想像できる。
そのため、秋〜冬頃に本格的な求人があるのかもしれない。

PCのセットアップ、問い合わせ

社内PCのセットアップだったり、各塾からのシステムの問い合わせ対応が必要である。既存業務で忙しくても、各塾の問い合わせには、親切に対応しないといけないため、システムが不調のときには問い合わせが殺到して、業務が忙しくなるかもしれない。

 

社内SEの転職に必要なスキル

syanaise-education-skill

求められるスキルとして、以下の3点が重要となる。

Web系・オープン系の開発経験とデータベースの知識

業務に使用するような、がっちりとしたWindows Server + SQL Server + Java (.NET)の構成というよりも、Linux + Apache + MySQL + PHPみたいな、費用負担の少ない構成が求められると思う。
そのため、LAMP構成の構築・運用経験があると強みをアピールできると思う。

 

複数言語/複数環境での開発経験

Webサイトの作成からSIerのようながっちりとしたシステムの作成まで幅広い開発経験が必要だということ。

これは、既存システムが、Java + Struts、PHP、.NETなど様々な言語で作られているからだと想定できる。つまり、既存システムの追加開発・保守運用まで幅広く担当することになるはず。そのため、Windows ServerとLAMPなどの環境で幅広い言語での開発が求められる。

 

教育現場を支え、改善する仕事への興味

日々の塾内での問題点をシステムで解決していくという強い意思が必要だということ。例えば、生徒の点数を上げるためのiPhoneアプリを開発したり、チャットシステムを開発したりということも考えられる。

 

まとめ

塾業界では、Windows、Linuxなど様々な環境での開発経験や、様々な言語で開発した経験があると有利になる。また、社内からの電話問い合わせやPCセットアップなど必要な業務は多岐に渡る。そのため、親切に社内SEとしてヘルプ業務ができることが必要となる。その仕事の原動力となるのは、やはり、教育に強く関わりたいと思う熱い意思だろう。

管理人が感じたのは、改善点を積極的に見つけて、新規システム開発を提案してくれる人材を探しているのだと思う。そのため、教育×ITに強く興味がある人は、ピッタリとはまるポジションだと言える。また、教育業界の社内SEへの転職に興味があれば、転職エージェントの効率的な使い方を記載したので参考にしてみてほしい。

 

社内SEに転職するためのエージェントの効率的な使い方

社内SEの転職活動は、帰宅後や休日がメインとなるので費やせる時間は限られていますので、短期集中で効率的に行いたいです。

早速ですが、評判の良い転職エージェントをまとめしたので参考にしてみてください。

IT業界専門(Web系・SIer)の転職エージェントは 

▶レバテックキャリア
▶マイナビエージェント×IT   ★オススメ
▶ギークリー 

案件数が多く異業種転職もできる大手転職エージェントは、

▶マイナビエージェント(転職全般) 
▶リクルートエージェント     ★オススメ 
▶DODAエージェントサービス  

の順にオススメです。

初めはIT専門のエージェント1社と面談をして自身の市場価値と転職の流れを知ることが大事です。その後は、案件の多いエージェントで優良案件を探すことをオススメします。
また、エージェント毎の特徴を、以下のページにまとめていますので参考にしてみてください。

管理人厳選!転職エージェントおすすめ比較ランキング!

異業種の社内SEについて

その他の社内SEの求人情報は以下にまとめているため、参考にしてほしい。

 

 

Pocket




社内SE

Posted by yaemon