Upworkでアプリのデザインを格安で発注するときの3つの注意点

2018年4月12日

upwork

日本のクラウドワーキングのシステムで、ある程度の質が高く、デザインができる人を探すのに苦労している人がいると思います。

そこで、このページでは、

 クラウドソーシングでデザインの外注を検討しているエンジニア

に向けて

▶ デザインを格安で発注するときの注意点

について、具体的な方法についてまとめています。


Upworkのメリットとデメリット

upwork-merit-demerit

UpworkはクラウドワークスやLancersといったフリーランサー向けシステムの世界に先駆けたサービスで、世界中からプログラマーやデザイナーといったフリーランサーが仕事を受注しています。このUpworkのメリット・デメリットをデザインの発注者側で説明していきます。

 

メリット

仕事を安く発注することができる

こちらの発注の仕方にもよるが、クラウドワークスやLancersで発注するよりもはるかに安く仕事を発注することができます。イメージとしては、オフショア開発のイメージを持ってもらえるとよいです。

 

時差を利用することができる

また、次に特徴として、時差を利用することができる点です。例えば、ヨーロッパに夜の間に仕事を依頼しておくと、日本の夜の間に作業をしてもらい、翌朝には納品されているという高速なサイクルを生み出すこともできます。これは、小回りが効くフリーランサーにとっては大きな武器となります。

 

デメリット

デザインのイメージを伝えるのが難しい

デザインに関しては、日本人好みのデザインを発注することが難しいです。自分が作っていたアプリについては、ツールアプリで日本に絞ってリリースするわけではなかったので、日本人好みのデザインでなくても良いと考えていたため、納品されたものについては承認していました。そのため、イメージについては、こちらから明確に知らせないといけないです。

 

英語が使えないといけない

まず、発注したり修正依頼したりといった点は英語が基本でコミュニケーションをしないといけません。そのため、英語のスキルが必要になります。ある程度読み書きできるレベルであれば問題ないが、完成するイメージを明確に示さないといけないため注意して欲しいです。

 

品質に偏りがある

コミュニケーション次第ではあるが、インド、バングラデシュ、ウクライナといった格安な国に発注するときは品質に偏りがあるため、こちら側で品質をコントロールできるように明確に意図を示して発注しないといけません。

次に、管理人が実際に格安でiPhoneアプリのデザインを発注したときの仕事について説明します。

 

Upworkでデザインを15$で発注した例

american-dollars

 

Upworkでの発注

iPhoneアプリで作っていた為替電卓などのiPhoneアプリ3つのアイコンとSplashイメージ2枚を10$で以下のアプリの発注を行いました。

具体的に発注したときの履歴はこんな感じです。

[Offer Details]

Title: Please make 3 iOS icons and 2 splash images.

1.Hoge Calculator

  -> I want you to make an icon (size:1024*1024, psd file) 

I image 2D and back ground color concept is pink and gradiation like BaseImage.png in ‘Hogehoge Calculator’ file.
I don’t persist in the image like as made ‘+, ×, ÷, =’
If you have other image, please make on your image.

2.Hoge hoge Calculator

  -> I want you to make an icon (size:1024*1024, psd file) 
  -> I want you to make an Splash Image (size:640*900, 640*1136, psd file) 

I image 2D and back ground color concept is pink and gradiation like BaseImage.png in ‘Hoge hoge Calculator’ file.
I don’t persist in the image like as made ‘euro, pond, dollar, =’
If you have other image, please make on your image.

Splash image is as your image, please.
  

3.Hogehogehoge Calculator

  -> I want you to make an icon (size:1024*1024, psd file) 
  -> I want you to make an Splash Image (size:640*900, 640*1136, psd file) 

  This is not concept color is fixed. Please make apps iCons as your imagination.
  I put app’s viewImage.png in ‘Hoge hoge hoge Calculator’ File. Please look at it. Splash image is as your image, please.

*I will send image file after the contract.

 

Upworkでの応募者決定

そうして、期限を1週間で設定していましたが、1日もたつと集まった応募書は以下の3人でした。

応募者3人の国籍は以下のとおりでした。

 ・バングラデシュ 1人
 ・ウクライナ   1人
 ・インド     1人

過去のポートフォリオを見せてくれたので、その実績とヨーロッパの方が能力が高いと思い、ウクライナ人に決めて、、納期は1週間で指示の内容で仕事を依頼することにしました。

 

Upworkでの納品

そうして、数日がたったころにデザインが納品されました。依頼していたものの半分は、ちょっと日本だと使いにくいなと思うものがあったり、これはカッコいいといけるものもありました。大体、半々のイメージでした。

総合的に考えると、全体的なクオリティーは個人が作るよりもはるかに高いものが納品されると分かりました。この納品のイメージを近づけるには、お任せにするのではなく、こちらで明確なイメージを伝えておくといいです。おまかせで希望を超えるデザインができるデザイナーは単価が高いのが常です。

 

Upworkで格安で発注するときの注意点まとめ

以上をまとめると、Upworkで格安で発注するときは、

 ポートフォリオを確認して実力を把握すること

▶ こちらのデザインのイメージを明確に伝えること

 そのための英語力が必要

という3点に注意すると良いです。また、現在フリーランサーで単価をあげたいと考えている人は、以下の記事を参考にしてください。

 

Pocket