FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校の評判・口コミを徹底解説【プログラミングスクール】

2018年10月3日

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

こんにちは、フリーランスエンジニアのYaemonです。
プログラミングスクールを真剣に選んでいる方の中には、

・初心者がブロックチェーンを学ぶって現実的なの?

・どんな人にブロックチェーン大学校がオススメするの?

・プログラミング言語は何がオススメなの?

 

などと不安ですよね?
管理人もプログラマーなので悩むところはわかります。

そこで、このページでは、

プログラミングスクールのFLOCブロックチェーン大学校について知りたい人

に向けて、

▶FLOCブロックチェーン大学校を選ぶ5つの特徴
▶FLOCブロックチェーン大学校の評判・口コミ
▶FLOCブロックチェーン大学校を有効活用する秘密の方法
他のプログラミングスクールとの比較

について、フリーランスの管理人が徹底的に解説をしていきます。

FLOCブロックチェーン大学校の無料説明会に参加してみる

 

FLOCブロックチェーン大学校は結局どうなの?(結論)

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校-ketsuron

FLOCブロックチェーン大学校はどうなのか?先に結論をお伝えします。
FLOCブロックチェーン大学校の最大の特徴は以下の5つです。中級者以上の方がAI・ブロックチェーン技術を学ぶ選択肢に入れて大丈夫です。

▶スタートアップ・大企業の新規事業担当者がブロックチェーンの概要を学ぶのにオススメ
▶FLOCブロックチェーン大学校は実績がまだない(初心者にはオススメしない)
▶初心者向けの就職支援がない
▶ブロックチェーン技術が売り

▶ブロックチェーン技術の習得は簡単ではない

そして、選ぶときのポイントは、”ブロックチェーン技術を学習してエンジニアとしての幅を広げたい人向け“の社会人向けのプログラミングスクールです。就職支援がないため学習したままで終わります。ブロックチェーン技術は初心者にとってはハードルが高すぎますのでオススメしないです。

就職を前提にした場合選ぶ選択肢が異なります。

  • Rubyを学びWebプログラマーになりたいのであればWebCampPro
  • Javaを学びWebプログラマーになりたいのであればProEngineer(完全無料)

がオススメです。管理人がオススメしているプログラミングスクールはProEngineerです。完全無料で未経験から就職できる確率が高いのが特徴です。ただし、拠点は東京の新宿・有楽町にしかないので注意ですね。

FLOCブロックチェーン大学校の無料説明会に参加してみる

 

WebCampProの詳細を確認する

ProEngineer(プログラマカレッジ)の詳細を確認する

FLOCブロックチェーン大学校を選ぶ5つの特徴

TECH-BOOST-テックブースト-reputation-point

プログラミングスクールのFLOCブロックチェーン大学校について、5つの特徴を伝えます。ここは管理人の所感を混じえて伝えていきますね!

スタートアップ・大企業の新規事業担当者がブロックチェーンの概要を学ぶのにオススメ

このブロックチェーン業界は管理人も携わっていますが、めちゃくちゃスピードが早いです。1ヶ月情報を収集せずにいると置いていかれます。最近のトレンドでは、

  • 米国SECのビットコインETFの認証
  • BCH(ビットコインキャッシュ)の分裂騒動
  • ETH(イーサリアム)のスケーリング問題
  • Ripple(XRP)のxRapidの開始
  • SBI VCの本格稼働・コインチェックの再開予定

などがあります。

もし、企業が新規で参入するとき、1から独学で勉強を始めるというのは非効率です。そのため、すでにあるプログラミングスクールで概要を学んで、基礎知識を最短で習得をして応用につなげていくというスタイルで利用した方がいいです。

参考までに、管理人の知人で日本のブロックチェーン業界で前の方を走る人を紹介します。

▶Gunosy新規事業立ち上げマネージャーのmosa氏

私はアラサーですが大学生のときから彼のことを知っています。今日本のブロックチェーン業界の最先端を走っていますが、彼のポイントとしては、

  • 東大(計数工学)
  • ボンバーマンのAI開発で有名(大学生時代)
  • Top corderでグリーン
  • DeNAで新規事業立ち上げ経験
  • Gunosyでブロックチェーン分野の事業立ち上げ中

という、エンジニアの中のエンジニアなわけです。彼が大学生時代にいたコミュニティーの知り合いがいたので関わりがありましたね。具体的には、とつげき東北さんが主催する東大の講義に参加しました。そのとき、高橋直大さんも知ることができましたね。

どうしてこの情報をあげたのかというと、これから、ブロックチェーンを事業として立ち上げるということは、トップを走る人に追いつき追い越さないといけないわけです。1日も早くプロダクトを出して、改良していかないといけませんので概要を掴むという点で、FLOCブロックチェーン大学校を選ぶ余地はあります。

 

FLOCブロックチェーン大学校は就職・転職実績がまだない(初心者にはオススメしない)

 

まず、このFLOCブロックチェーン大学校は就職・転職実績がないです。

それもそのはずで、仮想通貨(ブロックチェーン)業界自体が新しい未成熟な業界なので就職・転職の実績がまだないです。というよりも、ベンチャー企業(スタートアップ)・大企業の新規事業担当者が最短で基礎知識を習得する場所だと考えたほうがいいです。

ブロックチェーン大学校で最短で学んだ基礎知識をもって、新しいブロックチェーン業界への足がかりを作るというイメージですよね。”プログラミングスクール=就職・転職”というイメージがありますが、ここでは、”プログラミングスクール=事業を作るための知識を最短で習得をする”という点では最適ですよね。

 

初心者向けの就職支援がない

実績がまだないという点を深掘りをして説明をすると、初心者向けの就職支援がありません。

他のプログラミングスクールは、「就職・転職をする」というゴールに沿ってカリキュラムが設定されていますが、ここのプログラミングスクールでは、

  • 仮想通貨業界の歴史を学ぶこと
  • ETH(イーサリアム)のプログラミング言語Solidityを利用して簡単なDAppsの作成

をして終わりなわけです。

ですので、プログラミングスクールを受講をすると、

  • ブロックチェーン業界のスタート地点に立った
  • 業界の人達がどういう視点で、どういうことを話しているのか理解できる

ようになります。プログラミングスクールを受講するイメージとしては、非エンジニアのキャリア志向のビジネスマンの方が、最短で業界の基礎知識を取得するというイメージが近いですよね。

 

FLOCブロックチェーン大学校の受講コース(ブロックチェーン技術が売り)

FLOCブロックチェーン大学校のコースは、次の3つのコースです。

  • 基礎コース
  • エンジニアコース
  • ビジネスコース
  • 無料体験コース(★無料)

*最短3ヶ月で卒業

どのコースも価格は税抜で198,000円です。税込みだと213,840円になります。

基礎コース

■コース概要
ブロックチェーンの仕組みや関連技術の基礎を学び、これからブロックチェーンをビジネスにおいて検討、応用する知識を身につけるコース。

■受講対象
ブロックチェーンの仕組みや技術の基礎について学びたい方

■料金
198,000円(税抜)

■学習内容(全8回×90分)

  1. ブロックチェーンの基礎知識 前編
  2. ブロックチェーンの基礎知識 後編
  3. ビットコインの仕組みと体験
  4. ブロックチェーンの歴史
  5. トランザクションとブロック構造
  6. 暗号技術とウォレット構造
  7. P2Pの構造と技術
  8. スマートコントラクトの仕組み

エンジニアコース

■コース概要
エンジニア、プログラマーの方でブロックチェーンの基礎知識を展開し、より応用的かつ実践的な技術習得を目指すコース。

■受講対象
ブロックチェーン技術者として活躍したい、あるいはフィンテック業界で働きたい方

■料金
198,000円(税抜)

■学習内容(全12回×90分)

  1. ブロックチェーンの概要
  2. ハッシュ関数の活用法
  3. ECDSAを理解しよう
  4. ビットコイン取引の構造を学んでブロックを作る
  5. 取引の「Script」言語を使ってパズルを解く
  6. タイムロックでペイメントチャンネルを作ろう
  7. BIPの仕組みとウォレットアプリへの活用
  8. コールドウォレットアプリの設計について
  9. P2PメッセージプロトコルでのPeerとの通信体験
  10. bitcoindのインターフェースの使い方
  11. ブロックチェーンスケーラビリティー
  12. スマートコントラクトプラットフォームの実践

ビジネスコース

■コース概要
FLOC型ケースメソッド及び最先端のブロックチェーンビジネスケーススタディを用い、圧倒的な学習量と質の高いディスカッションでリーダーの資質とビジネス構築力を磨くコース。

■受講対象
ブロックチェーンテクノロジーを生かしてビジネスを展開、あるいは起業したい方

■料金
198,000円(税抜)

■学習内容(全12回×90分)

  1. ブロックチェーンのビジネス活用基礎
  2. ブロックチェーンとDBの違い
  3. ブロックチェーンにおける暗号学基礎
  4. Bitcoinビジネス基礎
  5. Ethereumビジネス基礎
  6. Rippleビジネス基礎
  7. スケーリング
  8. コンセンサスアルゴリズム
  9. スマートコントラクトでの活用
  10. ブロックチェーンを利用したビジネス基礎
  11. ブロックチェーンを利用したビジネス応用
  12. ブロックチェーンを利用したビジネス上級

 

無料体験コース

また、無料体験コースでは上の3つのコースの詳しい内容を知ることができます。

学習内容(無料:100分)

  • ブロックチェーンの仕組み

    – ブロックチェーン仕組みの理解
    – ブロックチェーンとビットコインの関係性
    – ブロックチェーンを支える暗号技術の仕組み

  • ブロックチェーンで変わる未来

    – ブロックチェーンが「革命」と言われる4つの理由
    – ブロックチェーンを活用する世界各国の動き
    – 企業のブロックチェーン導入事例

  • ブロックチェーン技術を効率的に身につける方法

    – ブロックチェーンエンジニアに最短でなれる方法
    – 非エンジニアのためのビジネス活用法
    – ブロックチェーンの波を掴むための方法

こんな人にオススメ!

  • ブロックチェーンの勉強をしてみたい!

    – 今さら聞けないブロックチェーンについてゼロから学びたい人
    – 未来の可能性について知りたい人

  • 最新の知識を身につけたい!

    – ブロックチェーンを正確に理解できない人
    – 何から学べば良いかわからない人

  • ブロックチェーンの波に乗りたい!

    – ブロックチェーンのうねりを仕事に活かしたい人
    – これからのITに必須のスキルを身につけたい人

会場
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-14-11 Daiwa西新宿ビル9F

 

FLOCブロックチェーン大学校の無料説明会に参加してみる

 

ブロックチェーン技術の習得は簡単ではない

ブロックチェーンの技術を仕事にしていくのはエンジニアにとってハードルが高いです。というのも、高度な技術の組み合わせだからです。

  • ビジネスモデルの構築・マーケティングスキル
  • ブロックチェーン業界の最新技術の動向調査(英語必須)
  • 高度な暗号化・セキュリティ技術
  • データベースの最適化(トランザクション処理の高速化)
  • 高度なプログラミングスキル

など求められるスキルがたくさんあります。

それに加えて、

  • 日本政府のブロックチェーン業界への規制強化される恐れ

という外部要因があります。
このブロックチェーン業界で生きていくと心に誓うのであれば、中国・シンガポール・米国で働くことを念頭に置いて動いていかないと、日本の金融庁の規制強化でキャリアも丸ごと潰されるリスクがあります。この点は注意して欲しいです。

 

FLOCブロックチェーン大学校の5つの特徴まとめ

FLOCブロックチェーン大学校の特徴をあらためてまとめると、次のとおりです。

▶スタートアップ・大企業の新規事業担当者がブロックチェーンの概要を学ぶのにオススメ
▶FLOCブロックチェーン大学校は実績がまだない(初心者にはオススメしない)
▶初心者向けの就職支援がない
▶AIコース・ブロックチェーン技術が売り・背景にはVC(ベンチャーキャピタル)

▶初心者がいきなりブロックチェーン技術の習得はハードルが高い

やはり、FLOCブロックチェーン大学校は現状実績がないため、社会人が新しくブロックチェーン技術を学ぶプログラミングスクールと言えますね!

 

FLOCブロックチェーン大学校の無料説明会に参加してみる

 

 

FLOCブロックチェーン大学校の評判と口コミについて

それでは、FLOCブロックチェーン大学校の評判・口コミについて、Twitter上を探してみましたが、2018年に出来たばかりのサービスですので、まだまだ情報がありませんでした。

 

フリーランスの管理人が伝えるFLOCブロックチェーン大学校を有効活用する秘密の方法

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校-tsukaikata

次に、フリーランスとして働いている管理人がFLOCブロックチェーン大学校を徹底的に有効活用する使い方をお伝えします。これは、ノウハウ部分なので知っているか知らないかで大きな差がでるのかなと思っています。

不明点へのアプローチ方法を習得する

プログラミングですが、何をするにしても不明な点がたくさん出てきます。その中で、どう問題にアプローチをするかが1番のポイントになります。この点を意識せずに、「ここがわからないので教えてください!」と単純に聞くのでは力はつかないです。

もう一歩踏み込んで、「ここがわからなくて、こうやってアプローチをしていますが、このアプローチで良いですか?」という形で不明点を解決する方法を習得することを意識してもらいたいです。ここは伸びる人、伸びない人で大きな差がでる部分です。

切磋琢磨できる友人を作る 

プログラミングスクールでは、ブロックチェーン業界で活躍したいという同じ熱い思いをもった人たちがいます。人は環境が1番重要だと言われているので、そこで切磋琢磨できる友人が作れるといいと思います。もちろん、傷の舐め合いになってはいけないのですが、「こいつには負けない」といえる刺激をもらえるライバルを作れるとより成長できると思います。

 

FLOCブロックチェーン大学校の無料説明会に参加してみる

 

 

有料型プログラミングスクールとの比較

次に、有料型プログラミングスクールのFLOCブロックチェーン大学を他のプログラミングスクールと比較をします。

FLOCブロックチェーン大学校のターゲットはキャリアアップ志向のビジネスマン

まずFLOCブロックチェーン大学校の費用はプログラミングスクールの中では標準的な23万円となっていますが習得できる内容が異なります。

他のプログラミングスクールでは時間のあるフリーター・既卒の人がIT業界への就職・転職を目的として短期集中でプログラミングを学んでいきます。

一方、FLOCブロックチェーン大学校のターゲットはブロックチェーンを学びたいエンジニア・未経験者の方ですが、就職支援がないためプログラミングスクールのカリキュラムを終えたら、就職・転職ができるスキルは必ず身につくというものではないと認識をしておきましょう。

ただし、ブロックチェーンエンジニアを目指す人は基礎+アルファが求められると考えると大丈夫です。

 

FLOCブロックチェーン大学校は就職支援に弱い

繰り返しになりますが、FLOCブロックチェーン大学校では、実践的なプログラミングをお金を払って学びますが、就職・転職をするという点では支援は弱いです。プログラミングスクールに通って就職をしたいという方は、就職支援の強いProEngineer(無料)をおすすめします。

 

ProEngineer(プログラマカレッジ)の詳細を確認する

 

FLOCブロックチェーン大学校を利用するか迷っている人へ

今、FLOCブロックチェーン大学校を利用しようか迷っている人にアドバイスをします。

初心者でブロックチェーン技術を学びたいという人・就職できなくても大丈夫だという人はFLOCブロックチェーン大学校をおすすめします。

WEBエンジニアになろうと思っていて、WEBアプリの作成+就職支援を受けたい人は、WebCampPro(Ruby)、ProEngineer(Java)をおすすめします。

それから、最後に一つアドバイスをします。
管理人は苦労して、プログラミングを独学で勉強してきました。当時は、プログラミングスクール、Q&Aの掲示板、Twitterなど誰にも頼ることもなく、本を写して、バグに苦しんで一歩一歩進んできました。

誰かに聞けばすぐに解決するバグでも、先に進めなくて焦るという状況が何度もありました。今ではプログラミングスクールを利用すると最短で、企業へ就職するためのスキルが身につけることができるので徹底的に利用をした方が良いと思います。

 

FLOCブロックチェーン大学校の評判・口コミ・体験談まとめ

以上、FLOCブロックチェーン大学校について説明をしてきました。FLOCブロックチェーン大学校はブロックチェーンの技術を身に着けるのにはオススメです。

ただ、FLOCブロックチェーン大学校はまだまだ実績が足りないのでが弱点ですね。プログラミングスクールを探している人は、WebCampPro・ProEngineerがオススメです。どちらが良いかは、大学を選ぶときと同じように雰囲気次第ですね。両方とも無料のカウンセリングがあるので、プログラマーになりたい、かつ、プログラミングスクールを検討している人はすぐに受けてみることをオススメします。

 

FLOCブロックチェーン大学校の無料説明会に参加してみる

WebCampProの詳細を確認する

ProEngineer(プログラマカレッジ)の詳細を確認する


*失敗しないプログラミングスクールの選び方について知りたい方
は次の記事を参考にしてみてください。

 

Pocket