介護業界の社内SEに転職する方法

2018年4月12日

介護業界の社内SE

*株式会社アズパートナーズHPより

この記事では、

▶ 介護業界の社内SEに転職したいという人に向けて、
▶ アズパートナーズの求人情報を分析したいと思う。

分析した求人情報を見ることで、介護業界のSEに求められる役割とスキルについて確認して欲しい。


介護業界の社内SEについて(結論)

結論から説明すると、介護業界のアズパートナーズが求める社内SEに必要なスキルは、SIerでの開発経験、PCスキルといった、幅広いスキルが必要となる。

求められる役割として、メンバー2名と上流工程のベンダーコントロールや、社内のAccess、Excelツール、PCのセットアップ、社内のヘルプデスク業務など多岐に渡る。それでは、仕事内容と求められるスキルについて具体的に確認していきたい。

 

社内SEの仕事内容

Screenshot 2017-02-21 20.45.05*引用:DODA求人サイトより

仕事の内容で特徴的な点は、以下の3点である。

 

ベンダーコントロール

仕事内容は新規事業所のシステム構築(業者コントロール)や契約システム会社(ベンダー)のコントロールに作業で大きな比重がある。なので、設計やプログラミングはガシガシ組めないパターンのようだ。

 

業務フローの改善

むしろ、総務部の人の業務効率化のための業務フローを考えたり、業務効率化のためのツール(Excel VBA)を作成したりするといったイメージだ。  

 

システム開発の記載がない

業務内容の中に、プログラミング開発の記載が全く無いため、要件定義フェーズでベンダーと打ち合わせをして、後はシステムの納入まですべてベンダーへ依頼する形式だと想像ができる。開発をしたいのであるならば、避けた方が良い案件といえるだろう。

 

社内SEに必要な資格

Screenshot 2017-02-21 20.59.24

次に、社内SEに必要な資格を確認する。

必須条件は、何らかのシステム経験とPCスキル( Excel, Word, PowerPoint)ということで、求められるスキルはそこまで高くないことがわかる。そのため、初級〜中級エンジニアを募集していることがわかる。

歓迎条件については、SIerでの経験(SIerは会社の業種) と、Excel VBAなどのマクロを書いた経験、業務システム制作の経験とある。 

これといって、必要なスキルが具体的にあげられていないため、面接で、求めるスキルのすり合わせを進めていく必要がある。

 

面接での対策について

この、求人を読んでいて、共通する言葉がある。それは、業務効率化という点。

そのため、SEとして、ツールを企画・開発・導入して、その結果、どう社内の業務改善に役立ったか?という実務経験を具体的な数値を用いて説明することができると、内定をもらいやすくなる。

 

企業理念について

介護業界で働くにあたり、企業理念も確認しておいたほうが良い。

私たちアズパートナーズは、「世代を超えた暮らし提案型企業」としてあらゆる世代の方々の幸せを追求し、私たちに関わる全ての人々が幸せになることを目指します。  

オフィスについて

働く場所を確認すると、有楽町が本社になる。オフィスの写真を見ると、とても綺麗でびっくりするだろう。介護ということで、小さいこじんまりとしたオフィスのイメージがありましたがそうではない。
よく調べてみると、シニア事業(介護)+不動産事業がメイン事業だということがわかる。

Screenshot 2017-02-21 21.23.25

*HPより

まとめ

介護業界に興味のあるSEへの転職について、求めている人材のスキルはそこまで高くはないため、転職のチャンスと言える。また、介護士をシステムで支援するということで介護業界に関わることができる点は、興味がある人にとってはオススメしたい。

また、介護業界の社内SEへの転職に興味があれば、転職エージェントの効率的な使い方を記載したので参考にしてみてほしい。

 

社内SEに転職するためのエージェントの効率的な使い方

社内SEの転職活動は、帰宅後や休日がメインとなるので費やせる時間は限られていますので、短期集中で効率的に行いたいです。

早速ですが、評判の良い転職エージェントをまとめしたので参考にしてみてください。

IT業界専門(Web系・SIer)の転職エージェントは 

▶レバテックキャリア
▶マイナビエージェント×IT   ★オススメ
▶ギークリー 

案件数が多く異業種転職もできる大手転職エージェントは、

▶マイナビエージェント(転職全般) 
▶リクルートエージェント     ★オススメ 
▶DODAエージェントサービス  

の順にオススメです。

初めはIT専門のエージェント1社と面談をして自身の市場価値と転職の流れを知ることが大事です。その後は、案件の多いエージェントで優良案件を探すことをオススメします。
また、エージェント毎の特徴を、以下のページにまとめていますので参考にしてみてください。

管理人厳選!転職エージェントおすすめ比較ランキング!

異業種の社内SEについて

その他の社内SEの求人情報は以下にまとめているため、参考にしてほしい。

 

 

Pocket

社内SE

Posted by yaemon